インターン採用コンサルティング事業

【インターン採用支援で日本No.1の実績】
当社では、これまで1,000社以上のインターン生の採用を支援してきたという、日本でNo.1の実績がございます。
これまで培った経験・ノウハウを活かし、長期実践型インターンシップを導入するにあたって、採用・受け入れ体制構築・インターン生の戦力化/新卒化・採用担当者のフォローなども含め、お客様にコンサルティングを行います。

企業がインターン生を採用するメリットは、3つにまとめると下記のような内容になります。

【インターン生が戦力として活躍する】
在学中から実践型インターンを志望する学生は、非常に成長意欲の高い人が多く、これまで多くの学生が素晴らしい実績を上げています。

例えば、

・たった一人で65万ダウンロードのiPhoneアプリを企画・デザイン・開発した学生
・海外支社を単身立ち上げた学生
・毎月200万以上の粗利を安定的に生み出す学生

上記のような学生が、たくさんの企業で育ち成果を上げています。

もちろん、給与や社会保険、採用費用などを考えると、中途社員・新卒社員よりも低コストで採用可能であるというメリットもあります。また、若いので組織に活気をもたらしてくれ、既存社員の刺激になる事が多いです。

【新卒入社時点で戦力になっている】
新卒社員は、同期や先輩・後輩の関係が強くなり、一般的に中途社員よりもロイヤリティが高いと言われています。また、日本においては、一度優秀な方が新卒で企業に入社すると、なかなか辞めない&会社側が手放さないので、新卒社員の方が中途社員よりもポテンシャルが高い人材を採用しやすいとも言われています。
ただし、新卒社員にそういったメリットがある一方で、教育コストがかかり、社会経験が無いために入社時点では成果を上げづらいので、入社何か月かは赤字社員であることが多いです。ただし、インターン採用⇒新卒採用という流れであれば、4月で正社員入社するまでに、インターンとして成長し成果を上げていて、4月時点で既に黒字社員という状況を作り出すことが可能です。

【新卒入社時のミスマッチを防げる】
面接では、学生側も企業側もどうしても他人行儀で、なかなか学生の本質を見極めることができず、ミスマッチの人材を採用する可能性があるが、インターンであれば一緒に働いたうえで正社員になってもらうので、ミスマッチの可能性が低いです。実際に、ベンチャー企業において長期インターンを経て新卒入社する社員の1年以内の離職率は、約5%で通常の採用ルートの約10%を大きく下回っています。

上記のように、インターン採用は、成長を志向する企業様に、素晴らしい価値を発揮できると我々は確信しています。

ご興味を持っていただけた場合、是非、下記よりお問い合わせをお願いいたします!

お問い合わせページへ

↑ページトップへ